CASTRON MP-01a

北海道の臼井鋳鉄工業製スピーカー、CASTRON MP-01a を購入。受注生産品で注文から2か月ほど経った7月初旬に届いた。

このスピーカーの特徴は何といってもダクタイル鋳鉄一体成型のエンクロージャーである。音離れが素晴らしく音が速い。且つ又小型スピーカーのくせにびっくりするほど雄大な低音が出る。注文時、臼井氏にEXCLUSIVE 2402を使っていることも伝えた。「Exclusive2402 と比べるべくもありませんが 、遊びでパワーを入れて鳴らしてみてください。小さいくせに意外と頑張りますので」と控えめな返信があったが、どうしてどうして、頑張り過ぎである(笑)
超低域はわずかにEXCLUSIVE 2402に及ばないとしても、MP-01aはバッフルの面積が極めて小さいため、大型モニターと比較して余計なバッフル放射がなく点音源に近い。これはとても大きな利点だ。

 
使用しているユニットはメーカーに数種類のサンプルを作らせてその中から選択しているそうである。ネットワークの部品もとても上質なものを選んでいるようで2WAYの繋がりが滑らかである。

素晴らしいスピーカと出会えた。

<ヒアリング使用機材>
DAC/Network Player : TEAC NT-503 (2TB HDD USB接続)with Cybershaft UPOCXO-05-S
< Cable : Western Electric 20AWG Black Enamel 単線 >
Pre Amp : SV-PRE1616D (12R-HH14 x 2、RCA5963 x 1)
< Cable : BELDEN 88760 >
Power Amp : FirstWatt F6
< Cable : CANARE 4S6 >
Loudspeaker : CASTRON MP-01a

試聴できる場所も少ないようなので音の雰囲気、そしてCASTRONスピーカーの詳細は下記のyoutube等で

CASTRON MP-01aのフロントパネルを製作中

SUNSHINE SAC REFERENCE1.8

僕はケーブルマニアではないのだが、ネットであまりにも評判が良いのでSUNSHINE SAC REFERENCE1.8をポチってみた。そんなに高価でもないし。

Amazonのプチプチの封筒に入れられて送られてきた飾り気のない白箱には、紙切れ一枚とビニールパックもされていない電源ケーブルが入っているだけ。エコである。

一応壁コンセントからの流れを記しておくと、壁コンセントは10年位前に交換した3Pタイプの無メッキタイプ。壁コンセントに繋いでいるタップは昔プロケーブルから買ったアメリカの医療用タップ六個口のもの(現在は売ってないようだ)。

ゴムのような弾力のあるケーブルをFirstWatt F6につないで聴く。

で、ひっくり返った(笑)。
まずS/Nがとっても良い。すごーく良い。めちゃくちゃ良い、聴こえなかった音、あるいはかすかになってた音がはっきり聴こえたり。
各楽器の分離定位がすごーく良い。低域がとても伸びていて量感もある。
それでもって滑らか。
余りにも気に入ったのであと2本追加でポチリましたよ。

BA-3 As Preamp

f:id:platycerus:20190405095750j:plain

Q1 2SK170 N-Channel JFET
Q2 2SJ74 P-Channel JFET
Q3 2SJ313 (ALT:FQP3P20) P-Channel MOSFET
Q4 2SK2013(ALT:FQP3N30) N-Channel MOSFET
C1 1000uf/25V 電解コンデンサ
C2 1000uf/25V 電解コンデンサ
C3 10uf ポリプロピレンフィルムコンデンサ
P1 500R(1K:FQP3P20) Bourns 半固定抵抗器
P2 500R (1K:FQP3N20) Bourns 半固定抵抗器
P3 100R Bourns 半固定抵抗器
R1 1K 1/2W 金属皮膜抵抗
R2 47K 1/2W 金属皮膜抵抗
R3 10R 1/2W 金属皮膜抵抗
R4 10R 1/2W 金属皮膜抵抗
R5 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R6 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R7 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R8 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R9 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R10 22R 1/2W 金属皮膜抵抗
R11 22R 1/2W 金属皮膜抵抗
R12 100R 1/2W 金属皮膜抵抗
R13 330R 3watts

ギフチョウ 2019

今日、晴天で気温が上がる予報だったので、北陸のギフチョウ発生日になるだろうなと福井県越前町へ。10:00に到着。
農家のおじいさんがギフチョウですか?と聞いてくる。しばし雑談。今年はまだ見ないとのこと。
10:50 ヤマザクラ?の付近をひらひら飛んでいた羽化したての♂をゲット
11:10 小さなヤマザクラで吸蜜している♂を発見、撮影しようとしたら逃げられた
その後、あわら市のかつてのポイントを2か所回る。最初のポイントは荒れ果てていている雰囲気じゃない。2か所目はイノシシや鹿よけのフェンスが張り巡らされており、山道には鍵のかかった扉が設置されていた。本日はこれにて終了。
この数年で害獣除けのネットやフェンスが多くの場所で設置されるようになった。

Firstwatt F6 (3)

完成画像をあげていなかったので追加

音? 音はめちゃくちゃ良いですよ(笑)

f:id:platycerus:20190317181022j:plain
前面パネルは無加工。希望によって加工してくれる(注文時)

f:id:platycerus:20190317181015j:plain
上から見たところ。Firstwattのトレードマークともいえる青色ダイオードが見える。

f:id:platycerus:20190317181006j:plain
スリットから覗く

f:id:platycerus:20190317181033j:plain
右チャンネル基板
ヒートシンクにあらかじめネジが切ってあるのがわかる

f:id:platycerus:20190317181346j:plain
左チャンネル基板